メディカル業界の裏方

記事一覧

2017年08月03日
MRの働き甲斐を更新。
2017年08月03日
高い対人対応能力を更新。
2017年08月03日
メディカル業界の裏方を更新。
2017年08月03日
優秀なMR像を更新。

カレンダー

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

MR職の魅力とは

MRはノルマがあったりとハードな面もありますが、きちんと仕事をこなしていれば働きやすい仕事でもあります。例えば営業職のため毎日会社に行く必要がなく、直接自宅から訪問先に向かうことも多いです。そのため自分のペースで仕事を遂行することができ、また仕事をこなしていれば休みがとりやすいメリットもあります。特に週末は病院が休みとなるので、それに合わせて基本的にMRもしっかりと休みを取ることができます。また営業職なので昼休みには外ランチを楽しむことができ、仕事の合間にちょっとした楽しみがあることも魅力的です。また病院やクリニックなどが主催する納涼会や忘年会などの招待されることも多いので、同じ業界に勤務する他社のMRや、会社以外の人との出会いが多い職場であるともいえます。また担当するエリアによっては社員ひとりひとりに営業車が支給されるので、通勤ラッシュなどのストレスを感じずに出勤できることも魅力の一つです。また営業車を一定の条件をクリアすれば自家用車として利用できるとしている会社もあります。またMRは経験が問われる仕事のため転職がしやすい職種であり、他の会社からオファーが来ることもあります。また女性も同じように活躍できることもMR職の特徴の一つであり、給料や待遇面も男性と同じように平等に機会が与えられているのでいわゆるキャリアーウーマンになりたい人にとっても働きやすい環境が整っています。

MRの目的について

MRは医師や薬剤師に自分の会社の薬に関する情報を提供する医薬情報担当者の事で病院や薬局で営業活動をしている事が多いです。営業活動を見ていると自分の会社の薬をアピールして売上を伸ばすのが目的のように感じてしまいますが、実際は違うところに目的があります。そこでMRはどのような目的で仕事をしているのか見ていく事にしましょう。
・薬の安全性を情報提供している
病院で患者が治療を受ける時は医師の技量も重要なポイントになってきますが、治療に使用する薬の安全性も重要になってきます。薬の安全性を確認する事が出来ないと医師も治療する時に薬を使用する事が出来なくなってしまいます。それでMRは医師に薬の安全性を情報提供して治療する時に安心して使用してもらうようにサポートをしています。
・薬の有効性を情報提供している
病院で使用する薬も種類が多くて病状によって有効な薬も異なってきます。それにより医師も薬を選ぶ時に判断に迷ってしまう事がありますが、MRは医師に薬の有効性を情報提供していて治療をする時に薬をすぐ選べるようにサポートをしています。
MRは医師に薬の安全性や有効性を情報提供して治療しやすいようにサポートしていく目的で仕事をしているので医療業界でも重要な存在と言えます。

新着情報

MRの働き甲斐

MRの収入について MRは多くの場合製薬会社に属し、自社が販売する医薬品の効果や使用方法、副作用などの情報を医師や薬剤師に提供をし、自社製品の普及に努める仕事です。よく「MRは儲かる」と聞きますが、一体どれくらい稼ぐことができるのでしょうか。MRの年収は、他の職業に比べても非常に高くなっています。若手社員の年収は…

詳しくはこちら

高い対人対応能力

多くの人間と接する仕事 MRは医薬情報担当者の略で、主な仕事内容としては医薬品を販売する営業ではありません。情報担当者という名前が付くだけに、医薬品の安全性や効果、副作用などを情報収集して、それを元に情報を提供するのが仕事です。MRという仕事が確立されている理由には、薬事法も関係しています。それは、医療用医薬品に…

詳しくはこちら

メディカル業界の裏方

MR職の魅力とは MRはノルマがあったりとハードな面もありますが、きちんと仕事をこなしていれば働きやすい仕事でもあります。例えば営業職のため毎日会社に行く必要がなく、直接自宅から訪問先に向かうことも多いです。そのため自分のペースで仕事を遂行することができ、また仕事をこなしていれば休みがとりやすいメリットもあります…

詳しくはこちら

優秀なMR像

MRに採用される道 MRは、非常にやりがいがある仕事です。MRになって製薬会社で働きたい人も、増加しています。ですが、MRは人気があり、募集人数も限られています。では、MRとして働くには、どうすればよいのでしょうか。基本的にMRになるのに、特別な資格は必要ありません。MR認定試験というものもありますが、必須ではな…

詳しくはこちら